ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 社会教育課(公民館) > 社会教育課(公民館) > 大衡村ふるさと美術館

本文

大衡村ふるさと美術館

記事ID:0001328 更新日:2021年1月15日更新 印刷ページ表示

ふるさと美術館バナー

大衡村ふるさと美術館について

常設展 菅野廉は,1889(明治22)年に大衡村に生まれ,山を愛し,「蔵王の画家」と呼ばれ,肖像画の名手としても知られ,1988(昭和63)年に98歳で亡くなりました。
 その画歴は,20代で才覚をあらわすと,30代には二科展で入選し,42歳にしてフランスの土を踏みます。
 サロン・ドートンヌ展に入選し,帰国してからも東京での活躍は続きます。
 53歳で従軍画家としてインドネシア方面に赴きます。55歳,大衡村に疎開中,東京大空襲によってアトリエは焼け,それまでのスケッチ,エスキース,作品のほとんどを失いました。

 菅野廉が東北の画家として活躍し始めるのはこれこれです。
 残されたインドネシアのスケッチ,パリ時代の成果,ふるさと七つ森の風景をひとつの画面に溶け合わせた「収穫の秋」を発表。この作品は,空襲で一切を焼失した菅野廉が絵筆で作り上げた,新しい故郷の姿といえるかもしれない作品となりました。

 こののち菅野廉の画風は,いくども変貌を遂げました。
歳を重ねるごとに抽象画に近いまでに省筆の進んだ明るいものになっていきます。

「具象一点張りの,一見誰にもわかる平凡な絵,良くも飽きずに描き続けたものです。」(89歳)

「自分流の色の乗せ方がわかった。これでいける。」(94歳)

1988(昭和63)年,病床で描きかけの山の空に色を置き,7月12日の誕生日まで4日だけ残し98歳で永眠しました。

企画展

大衡村ふるさと美術館では,年間約10回の企画展を予定しています。
ワークショップや,ギャラリーコンサートも開催されますので,多くの方のご来館をお待ちしています。

No. 企画内容 期間 概要
1 菅野廉に挑んだ作家
本間英男 展
4月5日(金曜日)~5月6日(月曜日) 本間英男さんは,東京で暮らしていた菅野廉宅によく通いその影響を受けている。本業の医師の傍ら50代より廉の作品の模写を始めました。平成26年に91歳で亡くなるまで独学で絵画を学び,自分の表現を追求し続けました。企画展では,長男の本間英丸さんが所蔵する作品20点を展示します。
2 「大衡村の木の匠」
大衡村の指物師関谷周一作品展
5月9日(木曜日)~6月9日(日曜日) 地元大衡村に工房「木響」を構え,地域に根差した木工家として家具製作を行っている関谷周一さんは,伝統工芸品「仙台箪笥」の木地制作職人”指物師”でもあります。関谷さんが作る木の温かさや愛着が感じられる作品を展示します。
3 ワークショップ 5月12日(日曜日),6月2日(日曜日) カッティングボード,忘れな盆などを制作します。
4 ギャラリーコンサート 5月19日(日曜日) 2019年第1回となるギャラリーコンサート。
「春の森 ジャズコンサート」を開催します。
5 自己をみつめて ジョンレノンを追想した作家
「佐藤光郎絵画展」
6月12日(水曜日)~7月15日(月曜日) 丸森町在住の画家,佐藤光郎さんの作品展。
ジョン・レノンを追想し,自己を見つて,その想いをしっかりとキャンバスに刻み込んだ作品の数々を展示します。
6 現場第一主義を通す
「遠藤啓介風景画展」
7月18日(木)~8月18日(日曜日) 栗原市出身の油彩画家,遠藤啓介さんの作品展。
現場第一主義を通す遠藤啓介さんの迫力ある作品の数々を展示します。
7 ギャラリーコンサート 7月21日(日曜日) 2019年第2回となるギャラリーコンサート。
「森の夏 シャンソンの調べ」を開催します。
8 サトル・サトウ作品展
「幾何学的空間の考察」
8月21日(水曜日)~9月23日(月曜日) 登米市出身・パリ在住の造形作家。登米市の「サトル・サトウ・アート・ミュージアム」所蔵作品を展示。
9 ワークショップ 9月7日(土曜日) 美術館前庭において,竹を使った幾何学的環境図形的ワークショップを開催します。
10 ギャラリーコンサート 9月8日(日曜日) 2019年第3回となるギャラリーコンサート。
「初秋の森 ジャズをあなたに」を開催します。
11 ヒロエ・エンドウ展
「AIと私たち」
9月26日(木曜日)~10月30日(水曜日) カラフルな色彩で内なる自分を自由に表現する作家。パリで個展を開催
12 ライブペイント 10月19日(月) HIROE ENDOさんが,美術館で終日作品を描きます。
13 生活文化大学企画展 11月2日(土曜日)~12月1日(日曜日) 東北生活文化大学美術学科による企画展です。
14 児童生徒絵画コンクール展 12月7日(土曜日)~1月19日(日曜日) 富谷黒川地区の小中学校,高等学校等から作品を募集し展示します。
15 スマホ大衡百景展 1月25日(土)~3月3日(火曜日) スマートフォンで撮影した大衡村の風景・生活・歴史などの写真を募集し展示します。
募集は,10月1日(火曜日)~12月13日(金曜日)です。
16 宮城教育大学企画展 3月6日(金曜日)~3月18日(水曜日) 宮城教育大学美術教育学科による企画展です。
17 ワークショップ 開催日調整中  

開館時間・料金等

  • 開館時間
    4月~10月 午前10時~午後4時
    11月~3月 午前9時30分~午後3時30分
  • 入館料
    一般 200円
    高校・大学生 150円
    小・中学生   100円
    ※小学生に配付されている,どこでもパスポート利用の場合は無料)

住所等

〒981-3602
宮城県黒川郡大衡村大衡字平林39番地12

電話番号 022-345-0945