ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 学校教育課 > 学校教育課 > 学校教育について

本文

学校教育について

記事ID:0001183 更新日:2021年1月15日更新 印刷ページ表示

入学通知

小学校、中学校に入学する児童生徒の入学通知書は、入学する年の1月下旬に大衡村教育委員会学校教育課より郵送します。
1月末になっても届かないときは、学校教育課にお問い合わせください。

転校手続き

転出のとき

転出

  1. 在籍した学校から在学証明証と教科書給与証明書をいただいてください。
  2. 大衡村住民生活課で転出届をしてください。
  3. 転入先市町村へ転入届をしてください。
  4. 在籍した学校からの書類を持って、転入先市町村教育委員会へ行き就学通知書をいただいてください。
  5. 指定された学校へ行ってください。

転入のとき

転入

  1. 在籍した学校から在学証明証と教科書給与証明書をいただいてください。
  2. 旧住所地市町村で転出届をしてください。
  3. 大衡村住民生活課へ転入届をしてください。
  4. 在籍した学校からの書類を持って、大衡村教育委員会学校教育課へ行き就学通知書をいただいてください。
  5. 指定された学校へ行ってください。
    ※入学前の場合は、在学証明書ではなく、健康診断票等となります。

村内住所変更のとき

住民生活課 → 学校教育課→ 現在在学学校

  1. 住民生活課に転居届を出して、その写しを学校教育課に届けてください。
  2. 学校にも、転居届を出してください。

就学援助制度

経済的に就学困難な児童・生徒の保護者に、学用品費等の援助をしています。
通学している小・中学校にご相談ください。

奨学資金貸与事業

  1. 目的能力があるにもかかわらず、経済的な理由によって就学困難な者に対して奨学資金を貸与し、有能な公民の要請と教育の理念達成に資することを目的とする。
  2. 資格
    1)本村に2年以上住所を有している者の子弟であって、高等学校、高等専門学校、専修学校及び大学(短大含む。)に入学するもの及び在学中の者。
    2)生計を一にする者の事情により、奨学資金の貸与がなければ入学及び在学の困難な者。
    3)日本育英会その他の奨学資金を受けない者。
  3. 申請書類
    1)奨学生願書
    2)在学証明書
    3)推薦書(在学中の学校又は入学以前の学校のもの)
    4)生計を一にする世帯で、収入のある者全員の源泉徴収票の写し又は所得税の確定申告書の写し
  4. 申請時期
    毎年3月末及び9月末
  5. 奨学資金の額
    高等学校、高等専門学校、専修学校・・・・月額20,000円以内
    大学及び短大・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・月額30,000円以内
    大学院・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・月額40,000円以内
  6. 貸与の決定
    4月・10月に貸与選考委員会に諮り、選考のうえ貸与者を決定する。
  7. 貸与期間
    貸与の決定した月から正規の修業期間とする。
  8. 返還方法
    奨学資金は無利子とし、卒業後の1年後から10か年以内にその金額を月賦、半年賦又は年賦のいずれかの方法により返還する。

※不明な点がありましたら、学校教育課へお問い合わせください。