ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 都市建設課 > 都市建設課 > 「大衡村耐震改修促進計画」を改定しました

本文

「大衡村耐震改修促進計画」を改定しました

記事ID:0001141 更新日:2021年1月15日更新 印刷ページ表示

 大衡村内の耐震診断及び耐震改修の促進を図るために、「大衡村耐震改修促進計画」を改定しました。
 この計画は、建築物の耐震改修の促進に関する法律第6条第1項の規定に基づくもので、「大衡村地域防災計画(震災対策編)」を上位計画として位置付け、宮城県耐震改修促進計画を勘案して策定しています。
 なお、この計画では、大衡村内の住宅の※耐震化率を令和7年度末までに95%以上とすることを目標としていますが、建築物の所有者等が地震防災対策を自らの問題、地域の問題として意識することができるよう示したもので、地震による揺れや建物の被害の可能性を分かりやすく示した「地震防災マップ」を参考資料として示していますので、ご自分の地区についてご確認下さい。

※耐震化率・・・・村内にある全住宅数に占める次の割合

  • 新耐震基準施行(昭和56年6月1日)より後に建設された住宅数
  • 旧耐震基準で建設された住宅のうち、耐震改修工事を行った住宅数
  • 旧耐震基準で建設された住宅のうち、耐震性ありと判断される住宅数

詳細について

参考資料について⇒参考資料

資料 関係法令(建築物の耐震改修の促進に関する法律抜粋)[PDFファイル/2.0MB]

(大衡村地震防災マップ)

地震防災マップ解説文[PDFファイル/619KB]

揺れやすさマップ

地域の危険度マップ

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)