ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 健康福祉課 > 健康福祉課 > 接種を受ける際の持ち物・留意点など

本文

接種を受ける際の持ち物・留意点など

記事ID:0004446 更新日:2021年10月18日更新 印刷ページ表示

 村からお送りしたワクチン接種券等とあわせて、以下の持ち物・留意点などをご確認ください。

持ち物

 1.接種券

 2.予診票(当日記入)

 3.本人確認書類(運転免許証、健康保険証、マイナンバーカードほか)

 4.お薬手帳 ※所持している場合、医療機関によっては持参を求められる場合があります。

留意点

 1.接種の際、肩を出しやすい服装でお越しください。

 2.16歳未満の方が接種する場合、保護者の方の同伴及び予診票への署名が必要です。

ワクチン接種の費用

 全額公費で接種を行うため、無料です。

ワクチン接種は任意です

 新型コロナウイルスのワクチン接種は強制ではありません。接種を受ける方には、接種による感染症予防の効果と副反応のリスクの双方について理解したうえで、自らの意思で接種を受けていただきます。受ける方の同意なく、接種が行われることはありません。

他疾病のワクチンとの接種間隔

 新型コロナウイルスワクチンと他疾病ワクチン(季節性インフルエンザワクチン等)の接種間隔について、現時点では原則として13日以上空けることになっております。新型コロナウイルスのワクチン接種前後にほかのワクチン接種をご検討されている方はご留意ください。