ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 住民生活課 > 住民生活課 > 「臨時福祉給付金」「子育て世帯臨時特例給付金」について

本文

「臨時福祉給付金」「子育て世帯臨時特例給付金」について

記事ID:0001025 更新日:2021年1月15日更新 印刷ページ表示

臨時福祉給付金

臨時福祉給付金とは?

 平成26年4月からの消費税率引き上げに伴い、所得の低い方々への負担の影響に鑑み、暫定的・臨時的な措置として支給される給付金です。

支給対象者

  • 平成26年1月1日において、大衡村の住民基本台帳に記録されている方。
  • 平成26年度分の住民税が課税されていない方が対象です。

ただし、課税されている方に扶養されている場合や、生活保護の受給者は除きます。

【注意】未申告の方は支給対象になりませんので、早めの申告をお勧めします。

住民税が課税されない所得水準の目安(非課税限度額)

    (給与所得者)                        (公的年金等受給者)住民税が課税されない所得水準の目安の画像

亡くなられた方の場合

平成26年1月1日から支給が決定される前の間に亡くなられた方については、支給の対象にはなりません。

支給額

  • 1人につき 10,000円 ( 下記に該当する方は、1人につき 5,000円 加算されます。 )
  • 老齢基礎年金、障害基礎年金、遺族基礎年金等の受給者
    ※平成26年3月分の受給権があり、4月分または5月分の年金の支払いがある方
  • 児童扶養手当、特別児童扶養手当、障害児福祉手当、特別障害者手当等の受給者
    ※平成26年1月分の手当等を受給している方

申請方法

対象者と思われる方には、6月中に申請書を送付しますので、大衡村役場 住民税務課 窓口に提出して下さい。

添付書類

  1. 申請者の世帯全員の本人確認書類(運転免許証、健康保険証等)
  2. 振込先口座の通帳の写し

申請受付期間

平成26年7月1日~平成26年9月30日(最終受付)

その他

  • やむを得ない場合を除き、申請期限までに申請が行われなかった場合、給付金を支給できません。
  • 申請書の不備により支給ができなかった場合、大衡村が確認等を行ったうえでなお必要な修正ができなかった時は、申請は取り下げられたものとします。
  • 支給後に支給対象者の要件に該当しなくなった方、又は偽りその他不正の手段により給付金の支給を受けた方に対しては、支給した給付金(以下「不当利得」という。)の返還を求めるものとします。(不当利得が加算分のみである場合も同様です。)
  • 給付金の支給を受ける権利は、譲り渡し、又は担保に供してはいけません。

子育て世帯臨時特例給付金

子育て世帯臨時特例給付金とは?

平成26年4月からの消費税率引き上げに伴い、子育て世帯の消費の下支えを図る観点から、児童手当を受給している方に支給される給付金です。

支給対象者

平成26年1月分の児童手当を大衡村から受給された方(特例給付の受給者を含む。)で、平成25年の所得が児童手当の所得制限限度額に満たない方。

※平成24年の所得が児童手当の所得制限限度額以上(特例給付)であっても、平成25年の所得が所得制限限度額を下回っていれば、「子育て世帯臨時特例給付金」の支給を受けることができます。

所得制限限度額

所得制限限度額の画像

【注意】(収入額の目安)は、給与収入のみで計算していますので、ご注意ください。

※平成26年1月1日時点で中学生であったが、実際の申請・支給時に中学校を卒業しているお子さんも対象となります。

「臨時福祉給付金」の対象となる児童や、生活保護制度の被保護者にあたる児童等は除きます。

支給額

対象児童1人につき 10,000円 です。

申請方法

「平成26年度 現況届」の通知に、「子育て世帯臨時特例給付金」の申請書を同封しますので、大衡村役場 住民税務課窓口に提出して下さい。

公務員の方は、「申請書」、所属庁から交付された「受給状況明細書」、「振込先口座の通帳の写し」 を持参ください。
※児童手当と違う口座に振り込み希望の方は、申請者の本人確認と振込先口座の通帳の写しの添付が必要です。

申請受付期間

平成26年7月1日~平成26年9月30日(最終受付)

その他

  • やむを得ない場合を除き、申請期限までに申請が行われなかった場合、給付金を支給できません。
  • 申請書の不備により支給ができなかった場合、大衡村が確認等を行ったうえでなお必要な修正ができなかった時は、申請は取り下げられたものとします。
  • 支給後に支給対象者の要件に該当しなくなった方、又は偽りその他不正の手段により給付金の支給を受けた方に対しては、支給した給付金(以下「不当利得」という。)の返還を求めるものとします。
  • 給付金の支給を受ける権利は、譲り渡し、又は担保に供してはいけません。

対象者診断チャートの画像

申請に関するお問い合わせ

大衡村役場 住民税務課 住民班 Tel022-345-5111

制度に関するお問い合わせ

厚生労働省 給付金に関する専用ダイヤル:0570-037-192