MENU

閉じる

トップ > 村の紹介 > 企業立地・商工・労働情報 > 大衡村/大衡村へのアクセス・インフラ整備

大衡村へのアクセス・インフラ

 大衡村は、宮城県のほぼ中央に位置し総面積60.32k平方メートルで、東西16km、南北7kmの東西に長い楕円形の村です。 南部は黒川郡大和町、東部は同大郷町、北東部は大崎市(旧三本木町)、北西部は加美郡色麻町にそれぞれ隣接しています。 また、中央部に国道4号、東部に東北自動車道、東北新幹線が南北に縦貫しており、仙台市(県庁)まで南へ25km、大崎市(旧古川駅)までは北へ15kmの距離にあります。
〈左図をクリックすると拡大します〉

道路

仙台北部中核工業団地群に直結する東北縦貫自動車道 大衡IC があり、産業・経済活動の活性化や地域間の交流・連携が期待されています。

宮城県内の高規格道路

鉄道

 仙台−東京間を最短1時間35分で結ぶ新幹線は、仙台−名古屋間も最短3時間30分程度で結び,首都圏・中部圏がますます身近になっています。

新幹線の便
最も早い時刻に仙台駅
(東京駅)に到着する便
最終便
東京駅→仙台駅
6時00分 → 7時32分
22時12分 → 23時52分
仙台駅→東京駅
6時36分 → 8時07分
21時47分 → 23時44分

※出典:JR東日本ホームページ(H28.4.1現在)

空港

 国内8都市5路線の定期便が就航されています。
 

仙台空港

港湾

 仙台塩釜港では、世界中の国々との貿易が可能となっています。

仙台塩釜港(仙台港区)