MENU

閉じる

トップ > くらしの便利帳 > 税金 > 大衡村/令和元年10月台風19号による災害被災者に対する村税及び介護保険料の減免について

令和元年10月台風19号による災害被災者に対する村税及び介護保険料の減免について

 村では、10月12日~13日にかけて発生した豪雨により被害にあわれた方々に
対して村税の減免を次のとおり実施します。
 減免を受けるには申請が必要ですので、必要書類等を添えて申請してください。

■減免の対象
 令和元年度分の課税額のうち、災害の日以後に納期限が到来するものについて減免しま
す。
■申請期間
 令和2年3月31日(火)まで
■申請先
 税務課
■申請に必要なもの
 申請書(税務課に備え付けてあります。)、印鑑(スタンプ式以外のもの)、り災証明書(総
 務課から交付を受けてください。)、土地及び償却資産については、損害の程度がわかる
 ものをご用意ください。

1.個人村民税、国民健康保険税、介護保険料

■減免の内容
 災害により納税義務者が次のような場合、次の割合で減免します。

区  分 減免の割合
生活保護法の規定により生活扶助を受けることとなったとき 全部
地方税法に規定する障害者となったとき 10分の9

 納税義務者が居住する住宅が損害を受けた程度により、平成30年中の合計所得が1,000万円以下である方に対し、次の割合で減免します。

合計所得金額 被害程度 減免の割合
500万円以下 半壊以上 全部
一部損壊(準半壊) 2分の1
500万円を超え750万円以下 半壊以上 2分の1
一部損壊(準半壊) 4分の1
750万円を超え1,000万円以下 半壊以上 4分の1
一部損壊(準半壊) 8分の1

2.固定資産税

■減免の内容
 所有する固定資産が次のような被害を受けたとき、減免します。

土  地 被害面積が該当土地の10分の2以上であるとき
家  屋 半壊・一部損壊(準半壊)であるとき
償却資産 価格の10分の2以上の価格を減じたとき


■減免の割合
 所有する固定資産の損害・被害の程度により、次の割合で減免します。

【土   地】

損害の程度 減免の割合
被害面積が当該土地の面積の10分の8以上 全   部
被害面積が当該土地の面積の10分の6以上10分の8未満 10分の8
被害面積が当該土地の面積の10分の4以上10分の6未満 10分の6
被害面積が当該土地の面積の10分の2以上10分の4未満 10分の4


【家   屋】

被害程度 減免の割合
半壊以上 10分の8
一部損壊(準半壊) 10分の5


【償却資産】

損害の程度 減免の割合
価格の10分の10の価格を減じたとき(復旧不能) 全 部
価格の10分の6以上の価格を減じたとき 10分の8
価格の10分の4以上10分の6未満の価格を減じたとき 10分の6
価格の10分の2以上10分の4未満の価格を減じたとき 10分の4

問い合わせ先 税務課 ☎341-8513