MENU

閉じる

選挙

村内の投票所

 私たち国民は,国の主権者であり,国の政治の主人公です。
 選挙を通じて国民の代表を選び出します。その代表が国民の意見によって,国・県・地方自治体等における政治活動を行います。ですから,選挙での「投票」の棄権は,政治に参加していない,ということになってしまいます。
 より良い明るい社会を創るためにも,よろしくお願いします。

村内6投票所
投票区 投票所在地 行政区
大瓜下集会所
大衡村大瓜字四反田27-3
大瓜上,大瓜下
衡中集会所
大衡村大衡字亀岡19
衡中,衡中東,衡中北
衡下集会所
大衡村大衡字竹ノ内前24
衡下,奥田,ときわ台
駒場集会所
大衡村駒場字下田畑36
駒場,大森
衡上集会所
大衡村大衡字河原55−2
衡上,蕨崎,衡東
松原集会所
大衡村大衡字尾西373−5
松原

こんな投票方法があります

 選挙で投票することは,皆さんが,政治に参加するということです。
 でも,「当日用事等があって投票できない・・・」そういう時は,期日前投票又は不在者投票という方法があります。

 ◆投票事由の例
  1.自営業の方や,冠婚葬祭などの予定のある方
  2.レジャーや買い物などの私用のある方
  3.病気やケガ,妊娠などで歩けない方
  ※これらの人は,選挙の告示日の翌日から投票の前日までに投票ができます。期日,場所等の詳しいことについては,選挙啓発チラシが配布されますのでご覧ください。

 ◆病院に入院中の場合
  病院内で不在者投票ができます。「投票をしたい」と病院へ申し出て下さい。(不在者投票指定病院に入院している人に限ります。)

 ◆選挙区外・県外に長期出張・旅行・滞在中の場合
  次の手続きをして滞在している場所で、不在者投票ができます。
  1.「投票をしたい」と,郵便・ファックス等で大衡村の選挙管理委員会へ請求して下さい。
  2.投票用紙等を郵送します。
  3.大衡村から届いた郵便物を開封せずに,出張・旅行・滞在先の市町村選挙管理委員会事務局へ持参すると投票することができます。
  ※また,投票用紙の郵送に日数を要しますので,不在者投票の請求は,選挙の告示3日前よりできます。請求する際には,封筒の表に赤文字で「選挙」と記載して下さい。

 ◆寝たきりで,家から外出することができない場合
  自宅で不在者投票ができる方法(郵便投票)がありますが,次の条件の人に限られます。
  1.身体障害者福祉法第4条に規定する障害者で,身体障害者手帳の程度が,両下肢もしくは体幹の障害もしくは移動機能の障害にあっては,1級もしくは2級の人。
    心臓,腎臓,呼吸器,ぼうこうもしくは直腸もしくは小腸の障害にあっては,1級から3級の人。
  2.戦傷病者特別援護法第2条第1項に規定する戦傷病者で,戦傷病者手帳の程度が,両下肢もしくは体幹の障害にあっては恩給法特別項症から第2項症の人。内臓の機能障害にあっては、恩給法特別項症から第3項症の人。
 上記に該当する人は、村の選挙管理委員会事務局(役場総務課内)に,選挙人自身が署名した郵便投票証明書交付申請書を提出して,証明書の交付を受けて下さい。

 以上のように期日前(不在者)投票等の方法をいくつか挙げてみました。しかし,選挙の投票は,あくまで選挙当日,投票所において投票するのが原則です。選挙の期日等は,事前に把握し,予定に組み入れておきましょう。

◆お問い合わせ先
大衡村選挙管理委員会
電話:022-345-5111
FAX:022-345-4853