MENU

閉じる

トップ > くらしの便利帳 > 生活・環境 > 大衡村/飼い犬の登録と狂犬病予防注射

飼い犬の登録と狂犬病予防注射

飼い犬の登録

犬を飼い始めた時は

 犬の飼い主は、狂犬病予防法により犬を取得した日から30日以内(子犬は、生後90日を経過した日から30日以内)の登録申請が義務づけられています。
 手数料は1頭につき3,000円です。
 交付された鑑札は犬に付けてください。

登録事項の変更

 犬の登録は生涯1回となりますので、他の人から譲り受けたときは登録の有無を確認し、登録が済んでいる犬については変更届を提出してください。(前所在地での鑑札を提示してください)
 登録が住んでいる犬が村外から転入した場合も、変更の届出が必要です。

飼い犬が死亡した場合

 速やかに住民生活課へ届出してください。



狂犬病予防注射

 犬の所有者は狂犬病予防法により毎年1回4月から6月に狂犬病予防注射を受けさせる義務があります。
 村では、毎年各地区の集会所において集合注射を行っており、登録されている犬の飼い主宛に案内しています。
 動物病院で個別に受けた場合は、予防注射を済ませ証明書の発行を受け、住民生活課で予防注射済票の交付を受けてください。(手数料550円)
なお、下記の動物病院で受けた場合は、その場で注射済票を受取ることができます。(住民生活課にて申請する手間が省けます。)

 
  ◯いとう動物病院 (大和町杜の丘3丁目1-3 ℡358-8259)