MENU

閉じる

トップ > くらしの便利帳 > 健康・福祉・子育て > 母子福祉 > 大衡村/特定不妊治療費助成事業

特定不妊治療費助成事業

 村では、医療保険が適応されず高額な治療費になる特定不妊治療(体外受精・顕微授精(男性不妊治療を含む))を受ける夫婦の経済的負担の軽減を図ることを目的に、治療に要する費用の一部を助成します。

対象者

 1.治療期間及び申請日において、夫婦のいずれかが村内に住所を有し、居住している方
 2.治療期間の初日において法的に婚姻している方
 3.「宮城県不妊に悩む方への特定治療支援事業」の助成決定を受けた方
 4.治療期間の初日において妻の年齢が43歳未満である方
 5.平成30年4月1日以後に治療を終える方
 6.他の市町村から特定不妊治療の助成を受けていない方
 7.村税等を滞納していない方

助成の対象となる治療

 宮城県指定医療機関(表1)で行った次の不妊治療
  ・医療保険が適応されない特定不妊治療(体外受精・顕微授精)
  ・男性不妊治療(精子を精巣または精巣上体から採取するための手術等)
   ※やむを得ず治療を中止した場合でも、採卵前に中止した場合を除き、助成の対象とします。

表1 宮城県指定医療機関
医療機関名 所在地 電話
京野アートクリニック
仙台市青葉区
022-722-8841
スズキ記念病院
岩沼市
0223-23-3111
東北大学病院産婦人科
仙台市青葉区
022-717-7251
仙台ARTクリニック
仙台市宮城野区
022-791-8851
たんぽぽレディースクリニックあすと長町
仙台市太白区
022-738-7753
仙台ソレイユ母子クリニック
仙台市太白区
022-248-5001

助成の対象とならない治療

 ・医療保険が適応される不妊治療(タイミング法、人工授精、排卵誘発など)
 ・特定不妊治療のうち次にあてはまるもの

夫婦以外の第三者から精子・卵子・胚の提供による不妊治療
妻が卵巣と子宮を摘出したことなどにより、妻の卵子が使用できず、かつ妻が妊娠できない場合に、夫の精子を第三者の子宮に医学的に注入し、第三者が妻の代わりに妊娠・出産するもの
夫婦の精子と卵子が使用できるが、子宮を摘出したことなどにより妻が妊娠できない場合に、夫婦の精子と卵子を体外受精して得た胚を、第三者の子宮に注入し、第三者が妻の代わりに妊娠・出産するもの
保険診療と保険外診療を組み合わせて行う混合診療

助成額

 特定不妊治療に要した費用から「宮城県不妊に悩む方への特定治療支援事業」による助成額を差し引いた額とします。

治療内容 1回の治療に対する助成上限額 初回の治療の場合の追加助成上限額 男性不妊治療を実施した場合の追加助成上限額
新鮮胚移植を実施
150,000円
150,000円
150,000円
凍結胚移植を実施
150,000円
150,000円
150,000円
以前に凍結した胚を解凍して胚移植を実施
75,000円
対象外
対象外
体調不良等により移植のめどが立たず治療終了
150,000円
150,000円
150,000円
受精できないまたは胚分割停止、変性、多精子受精等により中止
150,000円
150,000円
150,000円
排卵したが卵が得られない、または状態の良い卵が得られないため中止
75,000円
対象外
150,000円

助成回数

初回治療開始時の妻の年齢 助成期間 通算助成回数
40歳未満
限度なし
6回
43歳未満
限度なし
3回

 ※通算助成回数には、過去に宮城県及び他の都道府県・市町村から受けた助成を含みます。

手続きに必要なもの

 1.大衡村特定不妊治療費助成金交付申請書ワードファイル(15KB)
 2.「宮城県不妊に悩む方への特定治療支援事業」承認決定通知書の写し
 3.宮城県不妊に悩む方への特定治療支援事業」受診等証明書の写し
 4.医療機関が発行した領収書の写し
 5.住民票(3か月以内に発行されたもの)                           
 6.戸籍謄本(住民票により夫婦であることが確認できる場合は省略できます。)
 7.印鑑
 8.振込先の通帳の写し(口座番号の分かるもの) 

申請窓口

健康福祉課(大衡村福祉センター内)

◆お問い合わせ先
大衡村健康福祉課
電話:022-345-0253
FAX:022-345-6630